【2020阿蘇山のライブカメラ映像】噴火状況や火口の様子をリアルタイム動画で紹介!

スポンサーリンク

 

こんにちは、rikaです!

2020年7月15日(水)に熊本県阿蘇山の活動が活発化しており、噴火の可能性があると言われています。

7月15日現在は、噴火警戒レベル2となっていて、これから注意しなければいけません。

 

近年、火山の大規模噴火が起こると言われていることもあり、阿蘇山周辺の住民の方は特に心配になっている方も多いと思います。

 

そこで、こちらの記事では、リアルタイムで阿蘇山の噴火状況や火口の様子を確認できるライブカメラ情報を紹介していきます。

【2020阿蘇山のライブカメラ映像】噴火状況や火口の様子

それでは早速、2020年阿蘇山の噴火状況や火口の様子を確認できるライブカメラ映像の場所を紹介していきますね。

現在の阿蘇山のライブカメラ映像

天気が悪い場合や視界不良、ライブカメラの回線、電力の関係で配信ができない場合がありますので、ご了承下さい!

【阿蘇山】普段の様子

阿蘇山が火山活動していない時は穏やかでとても癒やされる風景が広がっています。

阿蘇山は、色んな山が連なっており、一番高い山の高岳や中岳、根子岳、烏帽子岳、杵島岳、の阿蘇五岳の他、往生岳など1000m級の山が集まっています。

現在活動中の山は、中岳と呼ばれる火口に湯だまりと言われる、火口湖が形成されています。火口湖はグリーン色でとてもキレイです。

早く、この穏やかな阿蘇山に戻って、また広大な自然の景色を見たいですね。

火山噴火警戒レベル

火山の噴火警戒レベルはこちらです。

状況に応じて、避難や避難準備等必要であれば、早めに行動できるようにしておきましょう。

種別 名称 対象範囲 レベル 住民の行動
特別警報 噴火警報(住居地域) 住居地域およびそれより火口側 レベル5 避難
危険な住居地域から避難が必要
レベル4 避難準備
警戒が必要な住居地域での避難準備が必要
警報 噴火警報(火口周辺) 火口から住居地域近くまで レベル3 入山規制
通常の生活(今後の火山活動の推移に注意。入山規制)
火口周辺 レベル2 火口周辺規制 通常の生活
予報 噴火予報 火口内など
レベル1 活火山であることに留意
スポンサーリンク

近年の阿蘇山噴火状況

近年の阿蘇山の噴火状況を紹介します。

2019年から、阿蘇山の活動が活発になっており、噴火を何度も繰り返しています。

2019年9月

2019年10月

2019年11月

2020年1月

2020年5月

スポンサーリンク

まとめ

今回この記事では、

2020年7月の阿蘇山の噴火状況や火口の様子を確認できるライブカメラ情報を紹介しました。

 

現在(7月15日)は、噴火警戒レベル2となっていますが、今後の火山活動には十分に気をつけてくださいね!

このまま落ち着くことを願いたいですが、火山の活動は誰にも予測することができないので、ライブカメラで火山の様子を確認しておいてください。

 

最後までブログを見て頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です